投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

レビュー:Bomber Barrel

イメージ
先日、『すべての犬は天国へ行く』を観るために東京に行きましたが、そのときにKickstarterで手に入れたバッグのBomber Barrelを持っていきました。 実際に旅行で使ってみてのレビューを書きます。


(羽田空港で撮影)
基本的な情報はGIGAZINEで記事になっているのでそちらをご覧ください。


【サイズ】
Bomber Barrelは幅:16インチ(約40.6cm)×高さ:10インチ(約25.4cm)×奥行き:10インチ(約25.4cm)と決して大きなサイズではありません。
ですが、1日分の着替えとカメラ、化粧水セットなどの小物を入れても十分に余裕があります。
帰りには『すべての犬は天国へ行く』のグッズと東京みやげが4つ増えましたが、それでも余裕を持って入りました。
AiiA 2.5 Theater Tokyoの手荷物検査でも引っ掛かることなく(サイズ規制があったのかはわかりませんが)、座席の下にもスッポリ入るサイズです。

なお、Bomber Barrelはポケットが前面に1つあるだけなので頻繁な物の出し入れにはあまり向いてません気がします。
財布やスマートフォンは別の小さいバッグか服のポケットに入れた方が良さそうです。


【重さ】
Bomber Barrelは生地はかなり薄くて390グラムという軽さです。
生地は薄いですが頑丈で耐水性能もあります。

たまにバッグのデザインや機能のためにバッグそのものの重量が重いものもありますが、旅行用のバッグはやはり軽い方が良いです。

『すべての犬は天国へ行く』が開演するまで時間に余裕があったので東京観光をしていたのですが、やはり荷物が重かったり大きかったりすると移動時に大変です。


【まとめ】
実際に旅行で使ってみてわかったのは、持ち運んでいてまったく気にならないことです。
キャリーバッグだと運ぶときに音がしますし、階段が面倒です。
重たいボストンバッグだと持ち歩いているだけでどんどん疲れてきます。
「物を入れて運ぶ」という機能においては今まで使ってきたバッグの中で1番です。

私はBomber BarrelをSUPER EARLY BIRDでセット一式を$69+送料で手に入れました。
バッグの性能を考えるとかなり良い出資(買い物)だったと思います。

『すべての犬は天国へ行く』を観てきました

イメージ
『すべての犬は天国へ行く』を観てきました。
10月11日の夜の部です。

劇の内容の詳細についての感想は書きませんが、内容はヘビーのものでした。
特にラストのラストはかなりエグかったです。

この劇をを見に行こうと思ったキッカケは推しメンである新内眞衣が出ているからなのですが、劇中は推し眼鏡は外して観ました。
乃木坂46メンバーでは井上小百合と桜井玲香の演技がスゴイなと思いました。
伊藤万理華のクレメンタインも素晴らしかったです。

そして、舞台女優の方々の演技は圧巻です。
舞台をほとんど見たことがない人間なので生で観る演技の素晴らしさを今回で強く実感しました。

個人的に一番印象に残ったのは鳥居みゆきさんです。
デボアのズレているというか狂っている感じは鳥居さんだから出せたのかなと。
生駒里奈のメリィも狂っている役ですが、デボアの狂い方は変なひっかかりのないフラットで恐怖と直結しない狂気という感じです。

今回の舞台を見て他の舞台を観てみたいなと思いました(乃木坂46関係なしに)。
逆に今回の舞台を見て乃木坂46に関心を持ってくれる人が増えたらいいですね。

Lapa 2が出資募集中

IndiegogoでLapa 2が出資募集中です。


LapaはGIGAZINEに取り上げられたこともあるアイテム・ファインダーです。
私はいくつかクラウドファンディングでアイテム・ファインダーを入手していますが1番出来が良いと思います。
(そういえばLapaのレビューをやっていないですね)

なくした物をテクノロジーと人の力を使って見つけるソーシャルタグ「Lapa」 - GIGAZINE

Lapa 2は全体的にスペックが上がっていますが、バッテリーがLapaの2倍の1年持つようになっているのは大きいですね。
アイテム・ファインダーはバッテリーの持ちが非常に重要です。
Chipoloを使わなくなった原因の1つがバッテリーの持ちの悪さでした。

Lapa 2は1個29ドルで入手可能です(しかも、送料無料)

リーダブルコードを購入

イメージ
「リーダブルコード」を購入しました。
プログラミングに関して勉強しなおし中です。

プログラミング歴はそこそこになりますが、その所為で無意識に我流になってしまっていることもあります。
他の人が呼んで一目で分かるソースを書いているかと言われると自信はないです。

仕事でもトリッキーなコードに出くわしたりしますが、不具合が発生したは場合そういう部分が原因だったりします。
そして、読み解くのにすごく時間が掛かります。

「リーダブルコード」は200ページほどの本なので通勤中でも読める薄さです。
今日中には読み終わりますが、何度か読み直そうと思います。