Nopeが届きました

Kickstarterで出資していた「Nope」が届きました。
なので、レビュー。

Nope - Live Free


【梱包】



厚手の紙に両面の粘着テープを張ってあり、そこにNopeが張り付けられてました。
写真を見るとわかりますが、雑に貼られています。


【外観】
Kickstarterのページで見るとツルツルピカピカしていますが、実物はそうでもありません。
面は磨くような処理はされていません。


【貼付け】

MacBook Airに貼付けてみました。
開け閉めしてもマグネットの位置はずれません。
これは期待通りでした。

気になったのはマグネットの安定度です。
HPのノートPCにも貼付けてみましたが、こちらでは開け閉めするとマグネットが下に動いてしまいました。

MacBook Airはボディがアルミなので粘着テープ無しでも磁力でNopeがくっつきます。
一方、HPのノートPCはアルミではないので磁力ではくっつきません。
その辺がNopeの安定度に影響が出ている気がします。


【まとめ】
PCやタブレットのカメラ部分を隠している人の多くが付箋やシールを貼っていると思います。
しかし、それは見た目がカッコ良くありません。

Nopeはその見た目をカッコ良くしてカメラを隠してくれるアイテムですが、肝心のNopeの外観が綺麗ではありませんでした。
私にとっては、この部分は相当大きなマイナスです。

Nopeは3つ入りで12ドルで販売されていますが、現状ではその価値はないです。
いい感じの付箋やシールで隠す方が良いでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

【レザークラフト】ウォークマンのケースを作った

【レビュー】Chipolo、あえてダメな部分を書く