2014年9月13日 乃木坂46個別握手会(京都) 感想文


9月13日の乃木坂46の京都の握手会に行ってきました。
新システムになってからは初めての握手会です。

【手荷物検査】
握手会が新システムになって初めての握手会だったので手荷物検査も初めてです。
もっと面倒なものかと思いましたが、そこまで面倒ではなかったです。
(検査する人によって若干検査の細かさに違いがあったのは気になりましたが…)


【握手(新システム)】
個人的には今のシステムに何の違和感もなかったです。
柵があって距離を感じるという意見もありましたが、前からテーブルがあって物理的距離はあったので特に何も感じませんでした。
新システム直後のブルーシートは確かに距離感を与えていたと思います。

あと、手荷物を直前で預けられるのは非常に有り難いです。
今まで邪魔だったので預けられた方が良いです。

そして、今回の握手会からメンバー横に警備員がいなくなったという情報。



【個別握手会】
握手したのは以下のメンバーです。
・斉藤優里
・樋口日奈
・若月佑美
・伊藤寧々
・鈴木絢音
・佐々木琴子
・新内眞衣
・米徳京花


今までで一番いろんなメンバーのところに行きました。
ざっくりと感想を。

【卒業発表メンバーとの握手】
何の因果か、前日に卒業が発表された2人の握手券を初めて取っていました。
直接、言葉を伝えられて満足です。


【あーちゃん(鈴木絢音)の記憶力】
今回の握手会で一番驚いたのは、あーちゃんが自分のことを覚えていたことです。
京都での握手会では何度か行っていますが、枚数は片手で数えられる程度しか取っていません。
記憶力が相当スゴいのでは?

今まで幅広くいろんなメンバーと握手しに行っていますが、その中でもあーちゃんはかなり話しやすいです。
プロフィールなどの写真でクールな表情が多いので性格もクールだと誤解している人もまだいる気もしますが、そんなことはないです。


(クリアファイルでもクールな感じ)

そして、研究生は未だに情報量が不足している状態です。
これが研究生の握手券の完売に繋がりにくい原因の1つだと思います。
もうブログは個人に分けていいのではないでしょうか?

あーちゃんはまだ知られていないという状況であって、ポテンシャルは高いです。
まだ行ったことがない人は一度行ってみてほしいです。


【まいちゅん(新内眞衣)の対応】
今回、まいちゅんの握手券を一番取っていました。
気づいたら一推し。

個人的な感じとしては、「釣り」タイプの握手が苦手な人はまいちゅんとの握手はマッチすると思います。
すごく丁寧に話を聞いてくれるし、頭の回転が良い人なので事故ることはないはず。

まいちゅんは8thシングルでお試しで個別の握手券を取ってみましたが、一番ハマった気がします。


【全体的な感想】
会場もギュウギュウにはならなかったものの、人はそこそこいた印象です。
関東の握手会と比べると少ないのは仕方ないこと。

実際に会場で見て思ったのは、人が多いレーンとそうではないレーンの差が前に来たときより顕著だった気がしたことです。
12/28の京都の握手会ではアンダーメンバーも完売が出てきているので、12/28は全レーン賑やかな絵が見たいです。

あと、さすがに行くメンバーの数を絞ります。
単推しは無理ですが、2~3人には絞るべきだと思いました。


【その他】
・インフォメーションのクロークの簡素さに驚く(駅などのロッカーを使った方がお得)
・やっぱり1部は人少なめ(京都がそもそも少ない?)
・マナーの悪い人がやはりいる

コメント

このブログの人気の投稿

【レビュー】Chipolo、あえてダメな部分を書く

【レザークラフト】ウォークマンのケースを作った