AKB48Gの大組閣で思うこと

今日、AKB48グループの大組閣がありました。
全体的な感想としては「やりたいことが見えない」なのですが、1番気になったのは乃木坂46の生駒里奈のチームB兼任と松井玲奈の乃木坂46兼任です。

松井玲奈の乃木坂46兼任については「まだ玲奈を酷使するの?」というのが最初の感想です。
SKE48のトップ。いや、AKB48のトップである松井玲奈が乃木坂46に来ることで変化を生み出すかもしれません。
確かに乃木坂46に誰かを送るとなった場合、ルックス的なことも考えると玲奈は適任かもしれません。

が、そもそも乃木坂46を兼任する理由がわかりません。
劇場を持たないスタイルの乃木坂46を兼任してどうするのでしょうか?
玲奈に不要な負担が掛かるだけな気もします。

そして、1番引っかかったのは生駒里奈のチームB兼任です。
「これは怖いなぁ」と思いました。

怖いのは、生駒里奈の『乃木坂46』の濃度が薄くなることです。
『乃木坂46の生駒里奈』だから応援している人もいると思います。
乃木坂46の顔と言われている生駒里奈の『乃木坂46』の濃度が薄くなることは結構なダメージだと思います。

もちろん、チームBの兼任で得られる経験もたくさんあると思います。
兼任する以上は頑張ってほしいですが、比例して乃木坂46のオリジナルメンバーが持っている何かが薄らがないかは怖いです。

で、最終的に思ったのは「乃木坂46をAKB48Gのイベントに巻き込むための布石」なのかなということです。
やろうと思えば、乃木坂46から2~3人を兼任・移籍なんてこともできたはずです。
それを1人で留めたのはAKB48Gと乃木坂46の導線を結びつけることが目的だったように感じます。

個人的には、今までふわふわしていたものの「AKB48の公式ライバル」という設定をこんなに簡単に捨ててしまうことに違和感があります。
TEPPENのピアノ対決での生ちゃんはそういう部分も背負って闘っていたのに、何か悲しいです。

コメント

このブログの人気の投稿

【レザークラフト】ウォークマンのケースを作った

【レビュー】Chipolo、あえてダメな部分を書く